83年産まれが中学生の時に衝撃を受けたドラマ『沙粧妙子‐最後の事件‐』について語りたい

今回はまた懐かしいドラマというジャンルから、中学生の時に放送していて衝撃だったサスペンスドラマ『沙粧妙子‐最後の事件‐』について語りたいと思います。

『沙粧妙子』は95年にやっていたフジテレビのドラマだったんですが、ショッキングな猟奇殺人シーンが多くてインパクトが半端じゃなかったんですよ。

■今思うと出演陣がかなり豪華なドラマ

『沙粧妙子‐最後の事件‐』は浅野温子が演じる主人公が猟奇殺人を取り扱う刑事なんですけど、いろんな殺人犯が被害者の口に薔薇の花びらを詰め込むっていう共通点があって、それを辿っていくと、かつての恋人の存在に辿りつくっていう話です。ざっくばらんに言えばね。

ほぼ全話で犯人が変わり別の事件になるんですが、その犯人と被害者の顔ぶれが凄いんですよ。アッサリ殺される役に反町隆史や神田うのが使われていて、ほんの数秒しか映らないんですが「今のって!!」ってなるんです。

当時はまだそこまで知名度はなかったせいもあるかもしれません。

初回の犯人はなんと香取慎吾でした。香取が殺人犯!なんて新鮮なんでしょう。しかも彼、1話の最後でプールで死ぬんですけど、薔薇の花びらを咥えてプールに浮かぶ香取くんがとても美しかったです。

美しかったと言えば、柏原崇と広末涼子の回がまた印象的です。武器を作っていた柏原崇を、家出少女なんだか、さらわれたんだか忘れましたが、広末涼子が盲目的に慕ってしまうんですよ。

柏原崇も広末を愛してしまったんだか、2人が通わせる感情は異常な状況下で産まれた間違った愛情だと主人公は言うんですけどね、逮捕されて移送される車を広末が走って追いかけるシーンが凄くぐっとくるんですよ!

待って!っと言ってずっと走って追いかける広末。切なそうな柏原崇。なんとか信号待ちで車は止まって、2人は窓越しに見つめ合うんです。言葉は交わさないんですが、何とも言えない情熱を交わすんですよ。そしてまた車が走り出して、離れ離れになるんですが、ドラマの中でも1番好きなシーンですね!


■最も衝撃的だったシーン

猟奇殺人事件ばかり出てくるドラマなので、ショッキングなシーンは沢山あるので、そういう意味での衝撃はだんだん麻痺してきちゃうんですが、展開的に一番絶望したのは主人公の相棒だったギバちゃんの恋人(奥さんだったかな)の飯島直子が殺されてしまう展開です。

しかも白い布でミイラみたく巻いて、薔薇の花びら付き。どうやってやったのか知らないけど、普通の自宅の部屋なのにスポットライトみたいな照明に変えてね。

部屋バーン開けたら彼女がそうなってた的なやつです。

ギバちゃんが声にならない怒りで唸るように泣くんですが、聞いていると胸が詰まる感じでしたね。全く関係ない人が巻き込まれて殺されてしまったのですっげー鬱回でした。


■ツッコミどころも豊富な『沙粧妙子‐最後の事件‐』

そんな『沙粧妙子‐最後の事件‐』は当時から話題性も大きく注目されていたドラマでしたが、最終的な真犯人は何のひねりもなく佐野史郎でした。

もったいぶって真犯人を伏せて最終回で明かした割には、ずっと怪しげな感じでジトーっとしていた佐野史郎だったので、もっと意外性のあるキャストを期待していたのにキャラ通りすぎるわ!と一緒に見ていた母が言っていましたねw 

あと、浅野温子の役作りがちょっと変っていうか、薬でもやっちゃってるんですか?っていう小刻みな震えと高速瞬きにたまに白目だったりして、見ていてこの人が一番ヤバいと思っていました。


『沙粧妙子‐最後の事件‐』は最近でいうと『ストロベリーナイト』にちょっと雰囲気が似てるという声が出ていますが、色んな殺人事件が梶浦という一つのキーワードで繋がっている点では沙粧妙子の方がストーリーが壮大ですね。

気になるところは、口の中の花びらを取るシーンとかに過剰な気持ち悪い音を使うところですね。水音っていうんですか?あれ、嫌だったー

20年以上前のドラマですが、今見ても充分面白いと思います。DVDにもなっているようなので、借りようかな。


他のドラマでもあれこれ語っておりますのでこちらの目次も覗いてみてやって下さい。

テーマ : 懐かしのドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR