83年産まれが懐かしむ夏ドラマ【神様、もう少しだけ】を語りたい

今日は懐かしいドラマというカテゴリーで『神様、もう少しだけ』について語りたいと思います。

これまで見て来た夏ドラマで印象的だったドラマは数多くありますが、『神様、もう少しだけ』程、毎回号泣しながら見ていたドラマは他になかったですね。


■援助交際でHIVに感染する、というショッキングなテーマ

『神様、もう少しだけ』の放送は98年!そんな前なんですね!!

援助交際でHIVに感染してしまった女子高生が、孤独を抱えた作曲家と恋に落ちるドラマです。

主演の深田恭子がとっても初々しくて、今もそんなに芝居は上手くなっていませんが、この時はほぼ素人です。相手役の金城武も日本での活動はあまりなかったせいか日本語がやや片言なんですね。なので棒読みぎみに聞こえます。

この2人より加藤晴彦の方が上手かったと思います。

では何故あんなにもこのドラマで泣いたのか?それは、田中好子が演じる母親っぷりがとにかく切なかったからです!

夫婦仲が上手くいかず、娘は夜遊び三昧で反抗期、息子は高校受験という生活の中で別の男性に心を惹かれてしまう、決して良い母親ではないんです。

でも、援助交際でHIVに感染し、学校でいじめられ、自暴自棄になり荒れていく娘に対して全力でぶつかっていくんです。

正直主演の2人の恋模様よりも、この圧倒的な母性を描いたストーリーに泣かされました。

田中好子はずっとこのドラマで演じた「理想の母親」というイメージがありますね。


■主題歌はLUNA SEAの『I for you』

主題歌も印象的です。

私はあまり河村隆一が好きではないんですが、『i for you』だけは好きです。

でもやっぱり河村隆一が苦手なので歌番組でこれを歌った時この人マイク食うんじゃないかって勢いだったので引いてしまいましたが…。

劇中歌の『sky』もいいですよね。本編では歌手役の仲間由紀恵が歌っていますが、レコーディングは工藤静香でした。

あと深田恭子が使っていたピッチの着メロ(しかも和音じゃなくて単音)が何の曲かわからないんですがいつも気になっていましたw


■ラストがリアリティーに欠けすぎる事が惜しい

ストーリーは妻を病気でなくした作曲家が、もう一度愛する人を病気で失うのは耐えられないとかで別れることになるのですが、数年後に再開してやっぱり最後まで一緒に居ようとなります。

そして病気ごと受け入れると言って、ゴムつけないでして、妊娠するんですけど、相手の男にも産まれた赤ちゃんにもHIVは感染しなかったんですよね。

そこだけ、なんか非現実的だなー。HIVの問題を扱うんならそこを美談には出来ないんじゃないかなーと思いました。

あと綺麗なウエディングドレス姿で死ぬんですけど、HIVで死ぬ人はいろんな病気を発症してかなり悲惨なビジュアルで亡くなる場合が多いので、その辺もどうかなという所ではあります。

ドラマの中盤でめっちゃ濃厚で長いキスシーンがあるんですが、キスでHIVは移らない事を伝えたかったらしいです。そこまで演出するなら、やっぱり終わり方もリアルにして欲しかったですね。

まあね、でもね、ドラマだから!w



そういえば、HIVを感染させた援助交際の相手の役をやった永堀剛敏って見なくなったなと思ったら一時俳優業を止めていたのね。独特な顔で冴えない・キモイ系の役がぴったりすぎる人だった。

今はぼちぼち出ているみたいだけど、見つけたことはないですね。

加藤晴彦もこの頃はバンバン出ていましたね。こないだの小さな巨人ではクソムカつく役をやっていましたが、虫唾が走る感じでやっぱり上手かったです。


他のドラマでもあれこれ語っておりますのでこちらの目次も覗いてみてやって下さい。

テーマ : 懐かしのドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR