『『ハロー張りネズミ』3話のあらすじと感想

ハロー張りネズミ

【2話の記事はこちら】

『ハロー張りネズミ』の3話が放送されました。『蘭子という女』というサブタイトルで前編後編の2話構成の、後編だった『ハロー張りネズミ』の3話だったんですが、、、うーん。本格的に観るのは辞めようかなあと揺れております。

大変申し訳ないが、話がつまらないし、ポップなのに重たいし、クソ真面目に陳腐な展開やっているしで、脚本と演出がキャストを無駄遣いしている感じですね。

では不満たらたらの感想を書く前に、簡単なあらすじ紹介を書きます。

■3分で読める!『ハロー張りネズミ』の3話のあらすじ

登場人物

【主人公】
七瀬五郎(瑛太)…あかつか探偵事務所の探偵。人情に厚いが土下座はしない主義。蘭子にデレデレ。

【あかつか探偵事務所】
風かほる(山口智子)…あかつか探偵事務所の所長。常に酒を飲んでいる。

小暮久作(森田剛)…あかつか探偵事務所の五郎の相棒。あだ名は「グレ」。

【依頼人】
四俵蘭子(深田恭子)…父親が殺害された事を調査してくれるとあかつか探偵事務所を紹介されてやってきた女性。

四俵乙吉(平田満)…蘭子の父親。サンダー貿易の元副社長。自殺と言われているが蘭子は殺されたと主張している。

仲井(吹越満)…かつて四俵の秘書を務めていた。四俵が何者かに殺された際の録音データを蘭子に送っていたとされている。

舞原(中原丈雄)…現サンダー貿易の会長。四俵を策略に嵌めたとされている。

南(リリー・フランキー)…四俵がトラブル解決のために利用していた裏社会の人間。小さな出版社。

さらっと読む『ハロー張りネズミ』3話のあらすじ

・爆発があった南の事務所に駆けつける五郎。南と証拠の書類は無事だった。

・南を紹介した元四俵派の社員は舞原に抱き抱えられていた。南のもとへ向かう五郎と蘭子を尾行され、南が四俵殺しに関係する証拠を持っている事を知った舞原が蔵元に連絡をし、その筋の者に南と証拠の始末をさせていた。

・仲井はグレに連れられてあかつか探偵事務所まで来て、四俵が殺された時の電話の録音データを蘭子に送った事を認めた。当時は自分も同じように四俵に殺されるのではと思って言えなかったと話す。

・四俵亡きあと、実家に帰って畑を手伝っていた仲井は、実家の傍に建設された例のエネルギー政策施設で起きた爆発事故によって家族を失った。失うものがなくなった仲井は死ぬ覚悟で今になって録音データを蘭子に送ったと語った。

・探偵事務所に証拠の書類を持ってくる南。証拠を揃えてマスコミに売る事にするが、南の事務所が爆破されているので次に蘭子や探偵事務所が被害にあうかもしれない。一行はホテルに身を隠すことになった。

・蘭子の泊まる部屋の金庫に証拠をしまう五郎。抱き着いてくる蘭子。大事になって後悔していると言う蘭子のおでこにキスをしてあげて出ていく五郎。

・グレが事務所に行くと蔵元の手の者が事務所を荒らしていた。工作員はグレとの乱闘の末蘭子のホテルに向かったと思われるとグレから連絡を受けホテルへ向かう五郎。

・仲井は四俵のダイイングメッセージの写真を見て何かと思いサンダー貿易社に出向いて舞原に会いにいく。舞原に銃をつきつけ、殺したのは舞原だろうと迫る。舞原が身を預けていた窓ガラスを割り、舞原は窓ガラスごと転落した。

・ホテルに着いた五郎は証拠を手に蘭子の頭に銃を突きつける工作員と乱闘開始。蘭子を連れて屋上へ逃げる工作員を追い、タックルして蘭子を助ける。証拠の書類を巻き散らしながら工作員は落下していき、五郎は柵に捕まって無事だった。

・仲井は舞原殺害の犯人として逮捕され、解雇された会社への逆恨みによる犯行ではないかとメディアが報じていた。グレは仲井の家を訪ねた時、拳銃を見つけていて、仲井が自分で報復するつもりだった事に気付いていた。

・四俵がダイイングメッセージで「MAIBARA」と読み、舞原が四俵を殺したという確信を
得た仲井は、そのメッセージを持ってしても舞原を陥れる証拠にならないと思った仲井は直接殺害という犯行に至ったと話した。

・蘭子は六本木でホステスをしているが、そろそろ辞めたいと言い、あかつか探偵事務所の事務員として働く事になった。

■『ハロー張りネズミ』の3話の感想

・説明に追われて終わったオープニング

前編でもかなり時間を割いてしまった四俵が殺害された経緯。前回のあらすじを振り返るオープニングは、3話の新しいシーンを一切入れる余裕もなく、ながながとプレイバック映像を流しながら瑛太の一人語りでした。

いや、見たし、いや、知ってるし。と思いながらオープニング映像流れてびっくりしました。これじゃ前編見ないで後編だけ見たって良かったなってくらい。

ちょっと複雑すぎるし登場人物が多すぎたのかな?なんかどっ散らかしちゃってて上手くまとめきれない感じになっていました。

・工作員が猛烈に雑

蔵元の手の者として現れた工作員。一応表に出てはいけない人なんだから、必要最低限の範囲で任務を完了出来るようにしようよ。

あんなバカみたいに発砲しまくってりゃそりゃ通報あって警察駆けつけるでしょうよ。蘭子の部屋に入るなり窓ガラス撃ちやぶる必要どこにもないよね。ただ騒がれやすくなっただけ。しかもあれたぶん本当は弾切れ起こしてるレベルで撃ちまくっているし。

挙句誰だかは言わないけど、色々証拠を持っていると分かっている相手に向かって「先生」を連呼し、「偉大な人なんだよぉお」はないと思う。そこまで盲目に従うなら、手をかけてもらった回想とか出るのかと思ったらそうでもないし。

まじでだたのバカな工作員でガッカリ。

それに乱闘シーンがグレの時も五郎の時も長すぎる!ラッキーセブンだと乱闘シーンも結構見応えあったんだけど、なんかあんまり見入る感じじゃなくて、カッターで腕メッタ刺しでドン引きしちゃった。

『僕たちがやりました』の1話でもこんな感じで血みどろな乱闘シーンが長々続いてドン引きした視聴者が離れてしまったらしいけど、そんな感じ。シーンの長さは全体の3分の1で良かったよ。


・ダイイングメッセージのオチも陳腐

結局ストレートにあれはアラビアンじゃなくて舞原だった!ってネタバラシしてて、いや、わかっているから!って思った。それに本当のメッセージに当時の警察が気づいていたって意味がなく、ただ、仲井に舞原が手を下したと確信させるためだけのあの演出だったので、そんなんその写真見なくたって確信していたでしょうよ!!って思うわ。

前編で仲井の家でグレが見たものは改造拳銃だったっていうネタバラシだけね、あ、そうだったんだ!って思ったの。

なんかだいぶガッカリのドラマで、来週は幽霊に霊媒師ですか。深夜のコメディドラマみたい。

すみませんが、私、このノリ無理です。。。瑛太も森田剛もはいい役者なのになあ。見ているのキツいです。

これにて離脱が決定しました。一応録画は続けるので、面白くなったら記事にするかもしれないですけども。残念。


【2017年夏ドラマの記事一覧はこちら】

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR