『愛してたって、秘密はある』2話のあらすじと感想

愛してたって

【1話の記事はこちら】

先週インパクトのあるラストで終えた『愛してたって、秘密はある』の2話が放送されました。こちらも主演の存在感が薄くて、実力のある脇に支えられている印象のドラマですが、『愛してたって、秘密はある』は見応えがあると思います。

予告ではの2話で早くも父親殺害の秘密を言うのかみたいな匂わせがありましたが、言うわけねーよこんな早い段階でって感じですね。

いきなりネタバレ書いてしまいましたけど、簡単なあらすじを紹介して、感想にまいります!

■3分で読める!『愛してたって、秘密はある』2話のあらすじ

登場人物

【主人公】
奥森黎(福士蒼汰)…司法修習生。11年前に晶子を暴行する晧介を止めようとして撲殺してしまう。自首しようとしたが晶子が遺体を庭に埋め隠蔽したことで無実を演じながら秘密と罪悪感を抱えて生きている。爽との結婚にも引け目を感じている。


【奥森家】
奥森晶子(鈴木保奈美)…黎の母親。夫のDV被害から救ってくれた黎を守るため、遺体を庭に埋め、車を崖に落とす事で夫が失踪したかのように見せかけ、11年間取り繕って生きてきた。爽との結婚で幸せになる事を応援している。

奥森晧介(堀部圭亮)…晶子が看護士を務める病院で医師をしていた。外面は良かったらしい。

【立花家】
立花爽(川口春奈)…黎の彼女。大学時代からの付き合い。黎との結婚を望んでいるが、自分の父親が厳格な検事正であることを黎に引かれないか心配している。

立花弘晃(遠藤憲一)…黎が修習生として入っている神奈川県検察庁のトップ。娘の結婚相手となる黎に対して厳しく見定めようとしている。

立花茜(岡江久美子)…爽の母。やや温厚な性格で厳しすぎる弘晃を諫める事もある。

立花暁人(賀来賢人)…爽の兄。弘晃を嫌って実家に寄りつかない。ジャーナリストとして週刊誌の記事を書いている。


浦西果凜(吉川愛)…黎に家庭教師をしてもらっていた高校生。爽との結婚を面白く感じていない。

風見忠行(鈴木浩介)…晶子の勤め先の医師。かつては晧介とも交流が深かった。晶子に想いを寄せている。

安達虎太郎(白洲迅)…黎・爽の司法修習生仲間。黎と一緒に検察庁にいる。爽に好意をもっている。犯罪者に対して肯定的な黎に疑問を感じている。

さらっと読む『愛してたって、秘密はある』2話のあらすじ

・父親の遺体を埋めた穴が掘り起こされていた事に動転し、必死に穴に土を戻す晶子。黎もそれを手伝う。こうなったら自首するというが、とりあえずはこれまで通りに暮らして様子を見ましょうと言う晶子。誰に知られているかわからない生活を始める。

・動揺したまま日中を過ごす。帰宅すると爽がいて、晶子が夜勤なのでと食事を作ってくれた。2ヶ月後に式を挙げたいと思っている爽は準備をどんどん準備をすすめたい。そこにまた匿名で「お父さんみーつけた」と匿名メールが入る。

・黎はメールが来た事は過労で倒れた晶子に黙っていた。が、爽とは別れて結婚はしないと決意した事を告げる。素敵な子なのにと止める晶子だが、だからこぞ誰かに知られてしまった以上、爽を犯罪者の家族にはさせられないと話す。

・爽のもとに匿名で黎の戸籍謄本の写しが送られ、病死であったと嘘をつかれていた事を責められるが俺を許せないならそれでいいとわざと投げやりな態度をとり怒らせた。

・黎が新たに担当する事になった同級生を刺して意識不明の重体にさせ中学生は真実を喋ったら誰も幸せになれないからずっと動機を黙っていきていくと決めたと言って弁護士にも黎にも動機を打ち明けようとしない。

・黎は加害者の少年と2人きりになれる場所で、自分にも話せば誰も幸せになれない秘密があることを告白する。ずっと言わないでいるけれど、あの時言った方が良かったんじゃないかと思って苦しむこともある。だから言うか言わないか、どちらがいいのか一緒に考えようと言う。

・普通の人なら、人を刺したりしない。自分は普通じゃない。もう帰れる場所もないと嘆く少年に、どんな人にもやり直せる場所があると寄り添い少年は泣き崩れた。

・果凜が慣れた様子で留守になっている黎の家に侵入し、黎の部屋のベッドに寝転ぶ。

・爽の部屋に暁人が訪ねてくる。付き合ってる人の家族が事件に巻き込まれたかもしれないってわかったらどうすると聞くと、こいつのためならって人だったら一緒に背負う、結婚ってそういうものだと言われる。

・加害者少年が事件の詳細を話し、正当な処分を受けることになったと弁護士から報告をうけ、少年から「奥森さんは誰にも本当の事を話さないの?」と問いかけられる手紙を受け取った。

・黎から爽と喧嘩をしたと聞いて、バーで爽の話を聞いてやる安達。意地になって黎に会いに行かない爽の別れたくないという本心を聞きだして黎に会いに行くように言う。

・その場で黎に会いにいく爽と入れ違いにバーに入っていく大人びた格好の果凜がじっと安達を見つめる。安達もその視線に気がつく。

・黎に会いにいく爽。黎のためなら犯罪者になっていいと思っていると伝え、正直に父親の事を話して欲しいと言うが、黎は父親は突然失踪し、理由もわからないまま事件性も無いと言われて戸籍上亡くなったことになったと、殺害した事は言えなかった。

・検察庁で黎充てに封筒が届き、海に落としたはずの父親の車の鍵と『奥森黎の落とし物』と書かれた紙が入っていた。急いで帰宅すると警察から車が引き上げられたと連絡があって晶子は呼び出された。

■『愛してたって、秘密はある』2話の感想

・ちょっとした予告詐欺

まあ予告は興味をそそるものではなきゃならないから、多少の思わせぶりは仕方がないかもしれないけど、「オレ、15の時…」「良かった、本当の事が聞けて」ってセリフを繋いだら、話したのかって思うよね。

言わないっていうのは予想はつくけど、なんかこう「まだまだ番組は続くよ!」っていってCM入って、明けたら告知とか予告だけでしたーっていうバラエティに似ている感じがしましたよ。

言わないんかい!ってなるよね。言うわけないって冷静に考えればわかるんだけどね。

・吉川愛の存在感が凄い!

今回吉川愛の演じる果凜の出演シーンはセリフがありません。黎の部屋に侵入している所と、安達をバーでガン見するシーンだけで顔が映ったのはトータルで1分もありません。

なのに、印象に残っているので、凄いなあ。皮肉にも、このドラマに出るはずだった小出恵介は飲み屋に来ていた未成年者には見えない大人びた女の子とスキャンダルになりましたが、高校生役の果凜もああいう恰好をすれば高校生には見えないです。

かなりミステリアスな役なので、何かしら秘密を握ってそうな感じはありますが、真犯人は別ですよね。ですよね?このままストレートに果凜だったらちゃぶ台返しちゃうよ。

・毎回担当する被疑者の言動が絡むことになるのかな?

前回は、黎が担当した若者が実はストーカーで、既に死体遺棄をしていて「ちゃんと死体を隠したはずなのに見つかってしまった」と呟いてから、自分が遺棄した父親の死体が掘り返されています。

今回は自分と同じように犯した罪の詳細を誰にも言わずに黙っておくつもりの少年を担当し、15歳で父親を殺害した直後の自分と重ねる事で「このまま秘密にしておくことが果たして一番いいことなのか」という、話すか話さないかが焦点になっていて、最終的に秘密を話す事にした少年から「貴方は秘密にしているままなの?」と問いかけられ、言えなかったという結果になりました。

今後もこうして、担当する被疑者達のそれぞれに黎がぶつかっていきつつ、黎自身の秘密とリンクしていくんでしょうか。

ある意味1話完結の要素も入っていますね。


さて、秘密がどんどん明るみになりつつあります。気になるのは、車はさびっさびのボロボロで引き上げられていますが、黎のもとに届いた車の鍵はかなり綺麗でした。本当に車にささっていた鍵なのか?そうだとすれば先に鍵だけ取られたのか?公衆電話からの電話は誰だったのか?

次回が楽しみですね!

【3話の記事はこちら】

【2017年夏ドラマの記事一覧はこちら】

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR