『セシルのもくろみ』2話のあらすじと感想

セシルのもくろみ

【1話の記事はこちら】

『セシルのもくろみ』の2話が放送されましたね。1話を観た感じ、主演の真木よう子だけが悪目立ちしている意外キャストは良い感じで、ドラマの雰囲気としては『ファーストクラス』の二番煎じ感がやや気になった『セシルのもくろみ』なんですが2話では真木よう子がもっと酷くなっていました。。。

とりあえずは要点をまとめたあらすじ紹介の後、詳しく感想を書いていこうと思います。

■3分で読める!『セシルのもくろみ』2話のあらすじ

登場人物

【主人公】
宮地奈緒(真木よう子)…ガサツで負けず嫌いなパート勤めの主婦。ファッション雑誌のヴァニティの読者モデルとして奮闘している。カバーモデルのハマユカを慕っている。

沖田江里(伊藤歩)…黒沢に命じられて宮地をスカウトしたフリーライター。仕事のために才能を見いだせない宮地を読者モデルとして売れる様にするために四苦八苦する。

浜口由華子(吉瀬美智子)…「ハマユカ」と呼ばれるのヴァニティのカバーモデル。全スタッフから一目置かれた存在。息子が宮地の息子と同じ高校の同じ部活の縁から宮地と交流を持ち始める。

安原トモ(徳井義実)…ヘアメイク オネエのような口調のバイセクシャル。宮地の良きアドバイザー。

山上航平(金子ノブアキ)…フォトグラファー 沖田と一線を越える?


【ライバル】
坂下葵(佐藤江梨子)…宮地と同期の読者モデル スタイル抜群で編集部からの期待も高い。

小田萌子(藤沢恵麻)…同じくド応期の読者モデル ややおっとりしていてセレブの知り合いが多い。

平井早紀(石橋けい)…坂下・小田を担当しているライター 折に触れ沖田と宮地をバカにしている。

【編集部】
南城彰(リリー・フランキー)…ヴァニティの編集長。宮地を気に入っている。

黒沢洵子(板谷由夏)…編集部デスク。宮地が編集長のお気に入りになることを見抜く。実は編集長を降ろしたい。

石田信也(眞島秀和)…副編集長。黒沢と同期だが黒沢の事は見下している所がある。

小池雅美(小野ゆり子)…編集部の若手。専属モデルの企画を担当している。黒沢に対抗意識がある。


さらっと読む『セシルのもくろみ』2話のあらすじ

・辞めると言った事を撤回して撮影をが戻ってきた宮地。沖田にお互いを使って成り上がって這い上がっていくと宣言した。

・編集長とハマユカが食事をしながら、宮地について「宮地が変わるか、ヴァニティが変わるか、編集長はどっちを期待しているのかしら?」と語るハマユカ。その後に会った宮地を自宅へ招待する。

・夫が文学賞作家のハマユカの家は庭にプール付きの大豪邸で、宮地は通されるなり庭で走り回ってはしゃぐ。

・息子の部活についてひとしきり話した後、衣裳部屋につれていかれ、服を貰って欲しいと言われる。ハマユカのセレブな服は自分には合わないと言うと、自分を決めつけてしまう前に何でもトライしてみるといいと言われて素直に従うことにした。

・沖田は宮地のキャラクターを生かした企画を練るが、黒沢にはヴァニティのポリシーに反する企画になっていると指摘を受けてしまう。

・宮地はパートに出るだけにでもハマユカから貰った華やかな服を着て行き、ハマユカがSNSで発信している食べたもの、エステ、などを次々を真似て沖田に写真を送信する。沖田からキャラに合わない事をするのは自分に嘘を付きたくないという宮地のポリシーに反する事ではないのか?と指摘をされると「私はハマユカになりたい」と言い出す。

・読者モデル同士のメイク中、坂下が専属モデルの2人が子育てに関して掴み合いのケンカをしたという噂を持ち出して専属モデルの悪口で小田と盛り上がるが、坂下がメイク室を出ていくと小田は坂下の悪口を言い出した。

・撮影の合間、副編集長が黒沢を通さずに直々に坂下が考えた企画を会議にかけて通った事を報告しに来て、喜ぶ坂下と平井。黒沢は勝手な事をするなと副編集長に迫るが、黒沢の力不足であると一蹴りする。

・黒沢は読者モデルの担当ライター達を内密に集め、喧嘩を起こした専属モデルの代わりのモデルを読者モデルから推薦する案がある。そのつもりで励むようにと言う。

・盗み聞きしていた小池は読者モデルから専属になんてなれるはずないのにエグい発破のかけ方をしますねと茶々を入れるが、坂下から黒沢が画策していると噂を聞いた副編集長には聞かれてもはぐらかした。

・ハマユカの真似をしている宮地と、深く考えずにインスタに上げていた沖田は黒沢から宮地にハマユカの様なキャラクターを求めていない。親近感がある主婦のお金をかけずに頑張る姿とは違うと痛烈に批判される。

・夫が「仕事が出来る大先輩の傍で仕事が出来るってだけでも幸せ」と言った事をヒントに、ハマユカの撮影に勝手に同行してハマユカから技術を盗む事にした宮地。

・酔って山上を呼び出し、そのまま酔いつぶれて山上の家で一夜を過ごしてしまった沖田に宮地が乱入しているとスタッフからクレームの電話が入り、山上の家にいる事に動揺しながらも山上に車を出してもらい駆けつける沖田。

・ハマユカが宮地が居る事にOKを出し、撮影がスタート。一緒に撮影していたモデルが胸元を枝に引っ掛けて服に穴を開けてしまう。咄嗟の判断で宮地が弁当を包むのに使っていたバンダナを肩から巻いて穴を目立たなくさせ撮影できるようにしたハマユカを、スタッフた達が絶賛する。

・ロケ現場の湖でサップラをやっている集団を見つけ、体幹トレーニングになると言って飛び込みでヤラせて下さいと言って強引にサップラをする宮地。山上は持っていたカメラで撮影する。沖田はこっそり山上に関係を持ってしまったか尋ねると、してしまったと答えられた。

・天真爛漫に撮影する宮地を見て感化されたハマユカは再び宮地を自宅に招待する。ハマユカの自宅へ向かうと、玄関先でハマユカの夫が酔いつぶれて倒れていて、そこに姑が現れてハマユカに悪態をつき夫を連れて行ってしまう。呆然とするハマユカと宮地は目を合わせて、見てしまった、見られてしまったと複雑な表情をした。

■『セシルのもくろみ』2話の感想

・宮地が本気でウザかった回

2話にして、宮地がウザくて仕方なかった。バカだけど全力で頑張るキャラクターって、どこか憎めないものなんですけど、宮地はバカで浅はかで、全力なんだけど、なんかちっとも応援したいと思わないんです。

真木よう子が相変わらずガサガサした声で、ハマってないガサツな役作りをしていて、ハマユカの家に「でっか!」とか「ブティック!!」とかオーバーリアクションをするのも、面白い感じじゃないんですよね。

ハマユカのガチ真似してハマユカになりたい!ってやった事について「モデルは真似するものじゃなくて真似されるもの」って言った黒沢の言葉に凄く納得したな。

こってり叱られたのに、ハマユカの撮影に乱入していく所は、何にもわかってないんだなと思って更にイライラしたけどな。しかもサップラに急遽乱入したのに、良い感じのスポーツウエア着ていたのは、もともとあの黒い服の下にそれを着ていたんですかね?なんて意地悪なツッコミをしてしまいます。


・小池の立ち位置がわからない

1話を見ると、小池は黒沢に対抗心があって、蹴落としたいものだと思っていたんですが、黒沢が読モから専属を出す計画をライター達に言った事を、副編集長に聞かれてしらばっくれた事が意外でした。

それはそれで黒沢を応援するのか、ただ黒沢より副編集長が微妙なのか。つい『最高の離婚』のキャラを引きずって小池はいらんことする嫌な奴っていう先入観で観てしまいます。

それはそうと、内緒の話って言われて置きながら、沖田が会議室の外で結構な音量で「読モから専属だすっていう話がでた!」って電話で話していて、そりゃあ盗み聞きとかしなくたって誰かに聞かれちゃうでしょうよ、と思いましたよ。


・吉瀬美智子が多めで幸せな回でもあった

吉瀬美智子はまたセレブな奥様役なんですけど、本当にこの人はこういう規格外のセレブ豪邸の奥様って感じが似合うなあ。真木よう子が全く似合っていないヒラヒラゴージャズ服が、本当に似合うんだからすごいです。

ただ、あのバンダナで応急処置はどうだったかな。「10年カバーモデルをやってきているんだから格が違う」とか言われてましたけど、お洒落かな、アレ。

スタッフもやけにハマユカにへつらっているけど、カバーモデルってあれくらいスタッフの中で地位の高い存在なのかな。


さて、そんなハマユカの裏の顔と言いますか、実は夫婦仲も嫁姑仲も良くなかったという秘密を知ってしまった宮地。

宮地がハマユカの家を訪ねるタイミングで玄関先に夫が寝転んでいた事は、まああるかもしれないが、また絶妙なタイミングで現れた姑。いやいやいや、まるで夫が寝っ転がっているって知ってるかのような登場が若干コントくさくはありました。

ハマユカは気まずさから急に宮地に冷たくなるのかなと思ったら、予告では夫からDVを受けるハマユカの相談を受けるような場面がありました。逆に絆が深まる展開の方なんですね。

真木よう子についていけないドラマであり、吉瀬美智子の美しさに引き付けられるドラマでもある、不思議なドラマです。

【3話の記事はこちら】

【2017年夏ドラマの記事一覧はこちら】

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR