夏ドラマ 『カンナさーん!』1話のあらすじと感想

カンナさーん

渡辺直美が主演の『カンナさーん!』の1話が放送されました!

『カンナさーん!』は漫画が原作のはっちゃけた豪快なママがシングルマザーになっても息子ラブで頑張るぞ!という至極ストレートな内容のドラマです。

1話を見るまでは、ほぼ内容もないコミカルなだけの浅いドラマなんだろうなという印象があったので、見ようかどうかも悩んでいたくらいなんですが、面白かったです!

いや、確かに深くはない話なんですけど、渡辺直美もそんなに見ていられない芝居をしていませんし、子役も『母になる』の最早伝説とも言うべき「イトシイダヨー君」の直後のクールだったせいか、可愛いし芝居も悪くないんです。

脇を固める要潤、斉藤由貴も飄々とした感じの芝居がハマっているので、かなりポテンシャルの高いドラマなんじゃないでしょうか。ストーリーはベッタベタなんですけど、たまにはスカッと豪快なポジティブまっしぐらのドラマも挟めていいかなと思いました。

今クールの1話の中ではかなり好印象という思わぬダークホースドラマでした。

では、その1話の要点だけまとめたあらすじと、感想を書いていきます!

■3分で読める!『カンナさーん!』1話のあらすじ

登場人物

【主人公】
河東カンナ(渡辺直美)…いつも明るく豪快でポジティブな働くママ。何よりも息子の麗音が大切。礼の浮気で離婚を決意するが、自分は父親の穴を埋められるのか不安になる。

麗音(川原瑛都)…カンナの愛する一人息子。ママもパパも好き。

【鈴木家】
鈴木礼(要潤)…カンナの夫。元カノと浮気、を本気だと言い放ってカンナに離婚を迫られる。

鈴木柳子(斉藤由貴)…礼の母。離婚には反対で礼を庇う。

鈴木徹三(遠山俊也)…礼の父。空気。


【カンナの職場】
片岡美香(山口紗弥加)…カンナの上司。Sキャラだがカンナに親身。

境川翔子(トリンドル玲奈)…カンナの後輩。良く話しかけてくるが身のある話にはならない。


【わかば保育園】
青田壮介(工藤阿須加)…麗音が通う保育園の保育士。ポジティブなカンナに憧れている。

森川良枝(朝加真由美)…保育園の園長。派手で元気すぎるカンナに引いている。


草壁真理(シシドカフカ)・・・礼の元カノであり、浮気相手。

さらっと読む『カンナさーん!』1話のあらすじ

・仕事を終えて鼻歌を歌いながら元気一杯に保育園に息子を迎えに行くカンナ。この日は麗音の誕生日なので気合を入れて部屋の飾りつけや料理を用意して礼の帰りを待つが、遅くまで帰ってこなかった。

・急な仕事だと言って遅く帰宅した礼。やり残した仕事があると言って仕事部屋にこもるが、浮気相手とメッセージのやり取りをしていた。驚かそうと後ろから近づいたカンナがそれを読んで、仕事ではなく浮気で遅くなった事を知る。

・厳しく問い詰めると、本能的に逆らえなかったんだと開き直る礼。息子の誕生日会を浮気ですっぽかし、息子が楽しみにしていたプレゼントを忘れた事が許せず、その場で離婚すると宣言し、朝までに出ていくように言う。

・職場で旦那の浮気が発覚して離婚を提示した事を片岡や境川から結論を早まっていると言われ、思い直すように諭され、旦那がしおらしく謝ってきたら受け入れてやろうと思ったカンナ。礼は謝りにやってきたが、それは事情を聞いた両親に連れられて来る形でだった。

・義母の柳子は離婚を思い直して礼を許してやって欲しいと頼んでくる。許せるはずがないと言い切るカンナに全面的に礼が悪いというわけではなくお互い様ではないか、離婚したら麗音が可哀想、母親は父親の代わりは絶対出来ないと言い出す。

・カンナが肝心の礼本人はどう思っているのかと聞くと、浮気ではなく本気である事が本心であると言い出し、関係修復は不可能だとして引き取ってもらった。帰り際、見送りにきた麗音に礼がキッズケータイを渡し、本当に困った時に電話をしてパパに助けを求めておいでと言う。


・保育園で男性保護者が有志で行うパパフェスの開催が迫っていた。礼に麗音のために必ず出席するように電話で念を押すが、仕事のイベントがあって行けるか厳しいと言われる。

・礼と一緒にそのイベントを手掛ける相手が元カノ、浮気相手だった。妻に本気だと話した事を知ると「私も本気になっていいよね」と気持ちを確かめ合った。

・パパフェス当日、礼からやっぱり来れないと連絡が入る。父親と遊ぶ他の園児の中で寂しそうな麗音を見てられず、カンナは父親だけが参加するドッチボールに参加する。

・試合では意外にも健闘し両チームの最後の1人にまで生き残る。相手チームの最後の1人はパパフェスの主催者。父親にしか出来ない事をするという意識が人一倍強い。お互い本気の勝負をし、カンナが勝つ。

・イベントを抜け出して駆けつける礼だが、カンナが胴上げされて称えられている所を見て、自分の出る幕ではないと黙って帰っていった。


・パパフェスの帰り、自転車に麗音を乗せて帰宅途中、突然飛び出してきた自転車を避けて転倒してしまう。病院で手当てを受け、2人は大きな怪我にはならなかったが、カンナは怪我をした足を引きずって雨の中置いてきた自転車を取りに行く。

・ママのピンチだと麗音が礼にSOS電話を掛ける。自転車を押すカンナの元に駆け付ける礼。もしもの事があれば戻ってくると言われると、元カノも同時に同じ状況になったらそうは出来ないでしょう。どっちにも良い顔なんて出来ないんだから、本気で好きだっていう彼女を大事にするべきだと言う。

・他の人を本気で好きだという礼と無理矢理一緒いても本気で笑えない。それじゃあ麗音を幸せにできない。だから、麗音を幸せにするために、笑顔であるために離婚して下さいとハッキリ伝える。

・ふっきったカンナは、女を磨いて惚れ直させると決意した。

■『カンナさーん!』1話の感想

・渡辺直美だから出来る役でもある

渡辺直美が主演?大丈夫か?と思ったけど、原作の表紙を見てみると、主人公のカンナは渡辺直美ほどの体格ではなかったけど、まあふくよかな感じでド派手なファッション、歌って踊りながら家事をこなして、常にパワフルでポジティブっていう感じは、渡辺直美のキャラにビタッと合っています。

逆を言うと、ちょっと他のタイプの役は出来なさそうな感じがしますが(アフラックのCMでちょっと大人しめな主婦を演じてしますけれども)彼女らしさを上手く活かせていると思います。

体格もあって、よっぽどの物好きじゃなきゃこんな人嫁にはって思いますけど、不思議と誕生日会をやり損ねたけど、一緒にシャンパン飲もうよって「1杯だけ」っておねだりした所とか、ちょっと可愛いんですよね。

・麗音が可愛い

子役の川原瑛都くん。とと姉ちゃんとか逃げ恥とかに出ていたんですねえ。そこ、抑えてなかったなあ。丁度自分の子どもも4歳なのでキュンキュンしながら見ています。

ウチの子は「パパと喧嘩しちゃったの」なんて言っても頭ナデナデしてぎゅってハグしてくれたりは出来なさそうですがw 

シュンとした時の芝居がなんとも可愛いんですよね。胸がきゅってなって、イトシイダヨーw

・要潤に油断していた

要潤って、どうしても顎が気になるんですけど、ドラマだと急にカッコ良く見えてくるから不思議です。かなり前ですけど『曲がり角の彼女』でやばい、要潤カッコイイ!ってなってしまった事を思い出しました。

今回も完全に油断していましたね。くっそーなんだかんだイケメンなんじゃねーかコイツw ホクトのキノコ野郎で印象が止まっていた事もありますけれども。

でも実際この手の開き直り系恋愛脳は本当に苦労しますよね。こういう人と所帯を持つと父親としての自覚よりも男としてのなんちゃらを優先してしまうので非常に厄介です。まあ言える事は、浮気相手に本気になっても、よっぽどじゃなきゃ、また別の女に本気になることが定石って所でしょうか。

・斉藤由貴の一人勝ち

このドラマの美味しい所は斉藤由貴が持っていく感じがしますね。ホントにこの人は飄々と毒を吐く芝居が上手いです。『真田丸』でもこんな感じで、優しい口調でズバズバ言う、ある意味家康の最強の武器でした。

こっちの話を聞いているようで全く聞いておらず、言いたい事を無理矢理にでも突き通そうとする図々しい感じが、ムカつきますよねー

今後もいちいちイラ付かせてくれるんでしょうね

2話はそんな義母に愛する息子を預けなくてはならないっていう、苦渋の選択をしなくてはならないって話なのでかなり興味があります!楽しみですね


【2話の記事はコチラ】

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR