夏ドラマ 『セシルのもくろみ』1話のあらすじと感想

セシルのもくろみ

さて、フジテレビの『セシルのもくろみ』がスタートしました。このそこはかとない『ファーストクラス』感に惹かれて観ることにしたんですけど、『セシルのもくろみ』…主演が真木よう子ってところがネックだったりします。

真木よう子、滑舌が気になるんですよ。声も汚いし。そして棒読みだし。ちょっと大丈夫かなあと心配なんですが、吉瀬美智子と伊藤歩と板谷由夏って他のキャスティングがかなり魅力的なので観ようと思いました。

1話を見た感じ、やっぱり真木よう子がキツかったんですけど、話もファーストクラス過ぎていますけど、それなりに楽しい感じだったので今クールは見守れると思います。

では『セシルのもくろみ』1話の要点だけをまとめた簡単なあらすじ紹介と、感想を書いていきます!

■3分で読める!『セシルのもくろみ』1話のあらすじ

登場人物

【主人公】
宮地奈緒(真木よう子)…北春日部に住んでいる弁当屋でパート勤めのガサツで負けず嫌いな主婦。私立に入った息子の学費を稼ぐためにヴァニティの読者モデルをやることに。

沖田江里(伊藤歩)…黒沢に命じられて宮地をスカウトしたフリーライター。仕事のために才能を見いだせない宮地を読者モデルとして売れる様にするために四苦八苦する。

安原トモ(徳井義実)…ヘアメイク オネエのような口調のバイセクシャル。宮地の良きアドバイザー。

山上航平(金子ノブアキ)…フォトグラファー 沖田とイイ感じだが付き合ってはないらしい。

【ライバル】
坂下葵(佐藤江梨子)…宮地と同期の読者モデル スタイル抜群で編集部からの期待も高い。

小田萌子(藤沢恵麻)…同じくド応期の読者モデル ややおっとりしていてセレブの知り合いが多い。

平井早紀(石橋けい)…坂下・小田を担当しているライター 折に触れ沖田と宮地をバカにしている。

【編集部】
南城彰(リリー・フランキー)…ヴァニティの編集長。宮地を気に入っている。

黒沢洵子(板谷由夏)…編集部デスク。宮地が編集長のお気に入りになることを見抜く。実は編集長を降ろしたい。

小池雅美(小野ゆり子)…編集部の若手。専属モデルの企画を担当している。黒沢に対抗意識がある。

【モデル】
浜口由華子(吉瀬美智子)…ヴァニティのカバーモデルで人気No.1 息子が宮地の息子と同じ高校の同じ部活。

安永舞子(長谷川京子)…元ヴァニティのNo.2モデル。現在はファッションコメンテーター。


さらっと読む『セシルのもくろみ』1話のあらすじ

・インタビューシーン。阿川佐和子、君島十和子、澤穂希、稲沢朋子など実在の人物が次々に『輝く女性とは』のような内容を話していくなか、安永が今のファッション業界について、SNSの普及でプロとアマの差は曖昧になっていて、モデルに求められるのも圧倒的な憧れから身近な共感へ変化している。ヴァニティも読者モデルの育成に力を入れていると語る。

・そんなヴァニティの読者モデルの私物特集企画での撮影。坂下、小田に続いて宮地が撮影に入るがポージングもイマイチで持ってきた私物も使えていない。沖田の檄が飛ぶ。

・3ヶ月前の初めての撮影の時はもっと散々で自信喪失した宮地は読者モデルを辞めると言い出し、沖田が「無責任に投げ出すようなことを言いだすなんて、これだから主婦は」と言った事が宮地の逆鱗に触れ、もう辞めるとは意地でも言わないと言う。

・安原と山上のアドバイスが活き、良い表情が作れるようになって無事に撮影が終了する。その様子に黒沢が手応えを感じていた。

・宮地はモデルに全く興味がなかったが、黒沢に逆らえない沖田が息子の学費を稼げるモデルにさせると言って説き伏せてスカウトしてきた。面接で頓珍漢な返答をする宮地を編集長が面白がっていた。

・黒沢は宮地をスカウトさせたが、読者モデル14人の中で悪目立ちしているとして宮地の写真だけ使わなかった。宮地を推したのはモデルとしてではなく単に編集長のタイプだからだと言う。

・編集長が言い出した、読者モデルが1人1ページ持てる企画コンペが事実上沖田と宮地のラストチャンスだとして命がけで取りに行く事にした2人。安原と山上の助けを借りながら、ガサツな宮地のイメージを利用して主婦がモデルのために筋トレや血流マッサージに励む姿を特集した。

・見事にコンペに勝ち抜きいてヴァニティに掲載された事を祝し、宮地、沖田、安原、山上で『チームミヤジ』を発足し、これまでにないキャラクターの読者モデルとして宮地を売り込んでいく事にする。

・編集部では小池が何故14人の中から宮地の企画が通ったのか疑問だと黒沢に言うと、編集長が古い人間なせいだと言う。変化のない古い編集長がトップにいるなら、引きずり下ろすか、自分が去るかしかないと言って小池を怖がらせた。

・ヴァニティのパーティーに出席した宮地は、最も華やかで注目を集めているカバーモデルの浜口に声をかけられ、息子が同じ高校なので三者面談の時に校内ですれ違っっていると言い、握手を求められた。この様子をヴァニティの関係者が見守っていた。

・浜口に圧倒されてモデルとしての自信を再び失いつつあった宮地だが、沖田は自分の幸せの価値観を貫く宮地の生き方に救われた部分があり、沖田と宮地ならこれまでになかった物に出会える気がするとしてタッグを続けて行こうと励まし、絆が深まった。

・ヤル気が漲っていた宮地だったが、自分は絶対にやらないと念を押していたインスタを沖田が勝手に宮地を装って更新していた事を知り、裏切られたとして激しくショックを受ける。沖田は売れるための事は何だってすると言ってお互いに譲らなかった。

・一度は辞めると言って立ち去ったが「自分の正義を貫くにはまず認めてもらうこと」という安原のアドバイスを思い出し、本当に自分のやりたい事をやれる様になるために、編集部に自分を絶対に認めさせてやる!と決意した。


■『セシルのもくろみ』1話の感想

・真木よう子がヒドイ!

まずガサツのキャラクターが合ってなくて、単に下品なだけで見ていて不愉快。喋り方もガサガサ汚いだけで、他がいいだけに真木よう子だけが激しく微妙な所がツラい。

そもそもの主人公のキャラっていうか、展開が乱暴なんだよね。何回『辞める』『やっぱり負けたくないから辞めない』やんの?1話だけで3回モデル辞めるって言って、その度になんやかんやと舞い戻ってきて、ちょっとしんどいな。3回目とか社会人だったらもう本当にアウトでしょ。

モデルらしく不摂生な食生活を改めてスイーツ炭水化物アルコール禁止!と言われてしまうけれど、実際は誰よりもガリガリで、モデルだとしてももっと肉をつけてくれ…と思うレベル。タンクトップで筋トレとか走り込みとかしている時なんて見てられないくらいに細すぎてきつい。

ネットでも言われているけど、妙な黒コンでデカ目にしているのも浮いてて気持ち悪い。黒コンするにしてももっと自然なやつを付けて欲しい。

作中でも「一人で悪目立ちしている」と言われているけど、本当に1人だけ足を引っ張っているというか、勿体ないキャスティングだったなと思う。


・板谷由夏がファーストクラスのキャラそのまますぎる

ファーストクラスでは編集長だけど、出版社の指示には従わなくてはならず、思った物が作れないとして下剋上をはたらいたクールでキレのある強い女性でしたが、今作もそのまんまでfす。腹の中では邪魔なトップを引きずり下ろすかとか考えている仕事に厳しいデキるオンナです。

ただねえ。私この人のこのキャラ、凄く好きなんです。『ファーストクラス』で姐さん!カッコ良すぎです!って惚れたあと『同窓生』でちょっと押しに弱い女性を演じてて、なんか猛烈に「コレジャナイ感」がありました。前のクールの『母になる』でもそんな感じのワ―キャー煩いキャラだったんですけど、違うんですよねえ。

何企んでんだか、味方なんだか無関心なんだかわからない所が凄いいいんですよね。おかえりなさい!って感じです。

・昼顔VS最高の離婚?

伊藤歩と吉瀬美智子、真木よう子と小野ゆり子って、ヒット作のキャラが沢山出ています。小野ゆり子もまた生意気な張り合いキャラで出ていますけど、この人の「絶対厄介な事してくるだろうな」って雰囲気は凄いですよね。何もしてない段階から緊張感があります。

女性陣の中では長谷川京子がやや演技力や華やかさに劣るところがあるかなと思いますね。伊藤歩と小野ゆり子は地味目ではありますが芝居の存在感があります。吉瀬美智子は圧倒的に綺麗だし。

・徳井と金子が結構いいキャラしている

徳井がこんなに幅のある役者だとは思わなかったですね。こんなヘアメイクさんいるだろうなって思いますが、彼のコントでこういうキャラがあったような、なんかこれ観た事あるって感じでした。安定感があるし、安心して見ていられますね。

金子ノブアキも、かなり前の『ブザービート』でやんちゃな役をやっていたっていう印象しかなかったんですけど、ギラギラしていない役もちゃんと自然に出来る事に驚きました。これから沖田と山上はロマンス展開があるんでしょうかね。ちょっと色っぽい感じがあって、おばちゃん気に入りましたw

総合して、ファーストクラスの様な心の声のツッコミ合いとかはないのでパンチは足りない感じがするんですけど、まあまあ面白いです。冒頭からちょいちょいと何のインタビューなの?誰に答えているの?っていう謎語りはありますけど、真木よう子さえどうにかなればもっといいはずなんですけどねえ。

話としてはいいので、我慢が続く限り見てみようと思いました。

【2話の記事はこちら】

【2017年夏ドラマの記事一覧はこちら】

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ちょっこ

Author:ちょっこ
1983年産まれ、東京生まれ東京育ち。東京ディズニーランドと同い年。ファミコンとも同い年。キレる17歳って言われていたあの世代です。

昔っからテレビっ子。ドラマ大好き。今はテレビの他にHuluでもあれこれ漁っております。

懐かしのドラマのレビューや、最新のドラマ情報やあらすじ紹介なんかをあれこれ書こうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR